戸籍謄本取り寄せ.net

戸籍謄本取り寄せ.net★☆戸籍謄本が存在しない

戸籍謄本が存在しない

戸籍謄本を取り寄せようと思っても戸籍謄本がそもそも存在しない社会的問題や歴史上の問題があります。法改正が必要な重要な問題から、対応策までご説明していますので戸籍謄本でお悩みの方は、ご一読ください

戸籍謄本取り寄せができない①離婚後300日問題

離婚後300日問題

離婚した夫婦間の子であっても、婚姻関係にあった妻が離婚後300日以内に産んだ子供は、夫の子であるとの推定を受けます。ここの場合、出生届け出を出した場合、元夫の名前が戸籍に記載されます。

この前の夫との間の子ではないのに、戸籍上記載されてしまうことを防ぐため、出生届出を出さずに子供の戸籍がない状態になります。新しい夫との間に生まれた戸籍である子であるとの事実を戸籍に反映させるためには前の夫とのかかわり合いが必要になり、前の夫から家庭内暴力など心因的なもので離婚している以上、通常は話し合いも顔をあわせることは難しくなります。これが民法772条にいう嫡出推定問題です。 前の夫とのかかわり合いとは、

①出生届出後に前の夫に嫡出否認の訴えを起こしてもらうように説得する(現実はまず戸籍に記載されるのも抵抗がある上、前の夫に訴えを起こしてもらうなど無理難題である)

②前の夫に対し親子不存在確認の訴えを起こす(この場合も前の夫とのかかわりたくないとの理由や裁判制度の利用への理解がないことから進んでいない)

③今の夫に対し親子存在確認の訴えを起こす(この場合も前の夫から証言を求められる場合がほとんどであるため解決策になっていない)

よって、戸籍を作るには、前の夫の記載を了承しなければならなくなるのです。

しかし、時がたち、前の夫が死亡しているケースがあります。その場合は、親子不存在の訴えを亡き前の夫に起こせば、DVを恐れることはなく解決できたケースがあります。 現実的には、もっと迅速な解決ができるよう法整備が整わなければいけない問題です。

戸籍謄本について詳しく調べたい、取り寄せたい方は下記の記事

戸籍謄本取り寄せ.netですべて解決ができます!

戸籍謄本取り寄せ.netへすべておまかせください。

相続手続きで戸籍取り寄せをする場合、お亡くなりになった方の本籍地および各相続人の本籍地に戸籍取り寄せをかけます。また、相続人の中にお亡くなりになっている方がいれば、その方の死亡から出生まで遡る戸籍を集めなければなりません。

★気になる当事務所費用比較表★

★お客様にして頂くこと★

★戸籍謄本取り寄せ後のお得なアフタープラン内容費用のご紹介★

★お問合せ方法★

サブコンテンツ

戸籍謄本取り寄せ.netへのお電話★★★

★戸籍謄本取り寄せ.netへお電話でのお問合せ・ご相談予約はこちら★

TEL :03-6780-6347

(電話受付時間:10:00~20:00 )上記時間外でも、司法書士・行政書士またはスタッフが事務所にいればお電話受付ますのでご遠慮なくお電話ください。平日は20時頃まででしたらつながることが多いです。

☆メールフォームからのお問合せはこちら☆

お問合せ方法

お問合わせ方法

  • 「戸籍謄本取り寄せ.net」へのお申込み

    戸籍謄本取り寄せ.netでは、原則としてメールフォームから全国対応にて受け付けております。お電話でお問合せの際は「戸籍謄本取り寄せ.netのホームページをみた」とお伝えください。ご面談ご希望の方は当戸籍謄本取り寄せ.netみなづき事務所にて相談ご予約のお申し込みをしてください。ご予約については後日のご相談をスムーズに進めるためスタッフからお電話に替わった司法書士・行政書士が直接対応いたします。事前に事案内容把握に必要な書類をご提示します。

  • 戸籍謄本取り寄せ.netから委任状の説明書類の送付(ご依頼確定)

    お申込み先ご住所に書類のご送付を致します。戸籍謄本取り寄せ.netに必要な費用やご依頼内容解決にご納得頂いた後にご契約して頂きます。戸籍謄本取り寄せ.netでは、一度ご相談いただいたからといって、ご依頼を急かすようなことは絶対にありません。 ご納得して頂いたHP上の価格にてご依頼書類のご送付を致します。もし、お問合せの結果、事情が変更しご依頼をキャンセルする場合は、書類の送付前にお願い致します。また、その後、ご連絡のご希望がある等特別な事情がある場合を除いて、司法書士からご依頼前に連絡を差し上げることもありません。安心してお気軽にご相談ください。 分かりやすくお伝えいたします。

  • ご依頼を頂いた戸籍謄本の取り寄せ業務の開始

    委任状が戸籍謄本取り寄せ.netに届きましたら、直ちに業務を開始致します。経過状況は逐一ご連絡させて頂きます。
  • 業務作業完了後の後払い制、ご納品にて完了

    原則として業務作業完了後登記申請前にお支払して頂いております。戸籍謄本取り寄せにかかる費用はいったん戸籍謄本取り寄せ.netで立て替え致します。後日の精算なので、急な出費はございません。

お役立ち関連サイト

司法書士行政書士による相続手続きサイト  相続手続き総合相談無料相談室

司法書士行政書士による会社設立サイト   会社設立完全代行ネットテラスなら司法書士行の格安代行

このページの先頭へ